LINE
悩み別解説
悩み別解説

帝王切開でも骨盤矯正は必要か?

2018年11月9日 金曜日
産後の骨盤の状態は気になるところですが帝王切開で出産した後も骨盤のケアは必要なのでしょうか?そもそも産後の骨盤はどうなっているのか?産後のケアは骨盤だけでいいのか?いつから受けるべきなのか?解説して行きましょう。

・帝王切開でも産後の骨盤矯正は必要か?


結論から言うと「必要

ではなぜ必要なのか?
骨盤の状況などを考えながら解説して行きましょう。

・産後の骨盤はどうなっているのか?


妊娠中から骨盤はホルモンや水分バランスの影響で緩みが起こります。
それは初期にも緩みが起こります。
一番緩むのは子宮口が緩む時→つまり、分娩直前です。

そこに経膣分娩の場合は赤ちゃんが通ってくることで
強い圧力が加わりより広がる可能性が高くなります。


帝王切開はこの圧力がない分、骨盤の組織自体の損傷は少ないと言えます。
しかし、上記したように妊娠中にも確実に緩みが起こっていますのその辺りに関してはケアが必要です。

・産後にケアが必要なのは骨盤だけではない?


腹直筋離開
産後と言えば骨盤矯正と言われるぐらい骨盤の重要性は認知されています。
しかし、妊娠中から産後にかけて変化するのは骨盤だけではありません。

姿勢の変化、肋骨の開き、股関節の向き、骨盤底筋群の弱りなど。
その辺りを放置しておくと将来的な体の問題の原因になることも十分考えられます。


そのような事から帝王切開の出産であっても産後のケアをしっかり行っておくことは必要と判断できます。
逆に帝王切開の場合は腹部の筋肉の出力が
落ちやすい傾向にありますのでその辺りのトレーニングは必須になってきます。

・いつから骨盤矯正を受けられるのか?


帝王切開の場合は傷口の関係もあるので個人差はありますが
目安として1ヶ月ぐらいからが平均的です。
産婦人科の先生に整体に行っていいか確認してください。

ちなみに当院での産後ケアは体を捻るようなことは行いませんので特に傷口にも影響ありません。

阪急箕面線牧落駅 西口を出て徒歩6分
駐車場も有ります。
交通案内
住所 : 〒562-0042 大阪府箕面市百楽荘3-5-10 ご予約・お問い合わせ : Tel. 072-724-3634
Googleマップで見る
電車でお越しの方へ
阪急牧落駅の改札を出て左側の階段を上がってください。
階段を上がられますと、山を背にして南側(171号線方面)に進んでください。 
5分ほどしますと左手にNTTの基地局がみえてまいります。 
そちらを通り過ぎますと、大きな楠木がある交差点がございます。 
その交差点を右折してください。
50mほどで右手に当サロンがみえてまいります。 

お車でお越しの方へ
茨木方面からお越しの方
171号線を石橋方面に進んでいただき、
牧落の交差点(ドン・キホーテ)を通過、「牧落5」の交差点を右折してください。 
右折されますと二手に分かれますので左側をお進みください。 
100m程で右斜め前に当サロンがみえてまいります。 

石橋方面からお越しの方
171号線を茨木方面にお進みください。 
「箕面自由学園前」の交差点を過ぎしばらくしますと「牧落5」の交差点がございます。そちらを左折してください。
左折されますと二手に分かれますので左側をお進みください。
100m程で右斜め前に当サロンがみえてまいります。

駐車場について 
当サロンの裏側に駐車場を2台分ご用意しております。 
「まさはん亭」さんの横の道をお進みください。すぐに駐車場が見えてまいります。
A・B・Cをご利用ください。
※満車の場合は近くのコインパーキングをご案内いたします。(1時間までサービス券をご利用いただけます。 )
産後の方はこちら
骨盤だけじゃない!産後の様々な問題でお悩みの方へ!
妊娠中の方はこちら
出産にたいする不安、悩み解決へ!
Copyright © 大阪 岩永朋之整体サロン 2015 All Rights Reserved.

PAGE TOP