LINE
【症例】産後の腰痛(VBAC)
2015年12月19日 土曜日

産後の腰痛の原因は意外な〇〇にありました!?

【30代女性 産後7ヶ月】

・主訴  産後から続く腰痛

・状態 産後ずっと腰から臀部にかけての痛みが取れない
立ち上がり、寝返りの際に特に痛む

・検査+施術
腰の動きー膝の横倒しテストで痛み++
お尻の持ち上げテストで痛み++

筋力テスト お腹(帝王切開の傷跡)と足首で反応あり

足首の調整とそれに関連する部位の調整
痛み10→6
帝王切開の傷跡の癒着のケア
痛み10→2
その後、4回の施術で痛みは完全に消失

体のバランスを整えるメンテナンスに移行

・考察
この方は一人目の時帝王切開、二人目の出産は経腟分娩いわゆるVBACと呼ばれる分娩でした。
産後、7ヶ月が経過しやや骨盤に歪みはあったもののそれほど影響があるほどのものではありませんでした。
よく検査していくと帝王切開の傷跡で癒着があり引きつれを起こしている状態でありそれを守るために腰痛として現れていました。

今回のケースのように帝王切開や盲腸の傷跡などが原因で腰痛や肩こりなどを起こしているケースは珍しくありません。

そういった場合は優しくその癒着をとていくと症状は必ずよくなってきます。

産後は骨盤だけに注目されがちですが実は意外なところに原因があることが良くあります。

1
阪急箕面線牧落駅 西口を出て徒歩6分
駐車場も有ります。(2台分)
交通案内
住所 : 〒562-0042 大阪府箕面市百楽荘3-5-10 ご予約・お問い合わせ : Tel. 072-724-3634
Googleマップで見る
電車でお越しの方へ
阪急牧落駅の改札を出て左側の階段を上がってください。
階段を上がられますと、山を背にして南側(171号線方面)に進んでください。 
5分ほどしますと左手にNTTの基地局がみえてまいります。 
そちらを通り過ぎますと、大きな楠木がある交差点がございます。 
その交差点を右折してください。
50mほどで右手に当サロンがみえてまいります。 

お車でお越しの方へ
茨木方面からお越しの方
171号線を石橋方面に進んでいただき、
牧落の交差点(ドン・キホーテ)を通過、「牧落5」の交差点を右折してください。 
右折されますと二手に分かれますので左側をお進みください。 
100m程で右斜め前に当サロンがみえてまいります。 

石橋方面からお越しの方
171号線を茨木方面にお進みください。 
「箕面自由学園前」の交差点を過ぎしばらくしますと「牧落5」の交差点がございます。そちらを左折してください。
左折されますと二手に分かれますので左側をお進みください。
100m程で右斜め前に当サロンがみえてまいります。

駐車場について 
当サロンの裏側に駐車場を2台分ご用意しております。 
「まさはん亭」さんの横の道をお進みください。すぐに駐車場が見えてまいります。
A・Bをご利用ください。
※満車の場合は近くのコインパーキングをご案内いたします。(1時間までサービス券をご利用いただけます。 )
産後の方はこちら
骨盤だけじゃない!産後の様々な問題でお悩みの方へ!
妊娠中の方はこちら
出産にたいする不安、悩み解決へ!
Copyright © 岩永朋之整体サロン 2015 All Rights Reserved.

PAGE TOP